日本刀の長さ:刀の種類や時代によって異なるその魅力

 


日本刀は、その美しい形状と切れ味で世界中の刀剣愛好家から注目を集める武器です。

しかし、日本刀には様々な種類があり、それぞれに異なる長さがあります。

この記事では、日本刀の長さについて詳しく解説します。

1. 日本刀 長さ どこから

日本刀の長さは、**刀茎(とうけい)と呼ばれる柄に挿す部分から切っ先(きっさき)**と呼ばれる刃の先端までの長さで測ります。

刀茎には銘(めい)と呼ばれる刀工の名前や製作年などが刻まれています。

2. 日本刀 長さ 一覧

日本刀の種類によって、以下のような長さが一般的です。

  • 太刀: 全長約150cm~200cm
  • 脇差: 全長約60cm~90cm
  • 小刀: 全長約30cm~50cm
  • 短刀: 全長約30cm未満

太刀は、戦場で敵を斬るために使用される最も長い刀です。

脇差は、太刀と合わせて使用する刀で、太刀よりも短く、扱いやすいのが特徴です。

小刀は、補助的な武器として使用される刀で、脇差よりもさらに短く、軽量です。

短刀は、主に室内で使用する刀で、小刀よりも短く、隠し武器としても使用されました。

3. 日本刀長さ平均

日本刀全体の平均的な長さは、約100cmと言われています。

しかし、時代や刀の種類によって、平均的な長さは多少異なります。

例えば、鎌倉時代の刀は、室町時代**の刀よりも短く、平均的な長さは約70cmと言われています。

4. 小刀 日本刀 長さ

小刀は、日本刀の中で最も短い刀です。

一般的な小刀の長さは、約30cm~50cmです。

小刀は、補助的な武器として使用されることが多いため、長すぎると扱いづらくなります。

5. 日本刀 長さ 身長

日本刀の長さは、持ち主の身長刀の種類によって決まります。

一般的に、太刀は持ち主の身長の約7割、脇差は約5割、小刀は約3割の長さと言われています。

しかし、これはあくまでも目安であり、時代や刀の種類によって異なる場合があります。

6. 長い日本刀

日本刀の中で最も長い刀は、長船長光(ながふねながみつ)が製作した鬼丸(おにまる)という太刀です。

鬼丸の長さは、約223cmと言われています。

鬼丸は、その長さと重さに加えて、非常に切れ味の良い刀として知られています。

7. 日本刀 何キロ

日本刀の重さは、刀の長さ刀幅刀厚によって異なります。

一般的に、太刀は1kg~2kg、脇差は500g~1kg、小刀は300g~500g程度と言われています。

しかし、これはあくまでも目安であり、個々の刀によって重さは大きく異なります。

8. 日本刀 長さ 測り方

日本刀の長さは、刀茎から切っ先までの直線距離を測ります。

測るときは、刀を水平に置き、定規やメジャーを使って長さを測ります。

刀茎部分の長さも測りたい場合は、刀を垂直に置き、定規やメジャーを使って長さを測ります。

日本刀の長さは、その刀の歴史や文化を知る上で重要な情報です。

刀を鑑賞したり、コレクションしたりする際には、ぜひ長さに注目してみてください。

このブログの人気の投稿

表面粗さ記号:徹底解説と図面での使い方(ra rz 使い分け、アメリカ、意味、

選考結果 お待ちください 返信:例文とポイントを徹底解説!好印象を与えるマナーや転職・面接での適切な対応をマスター

年収1000万円凄さ:その実態と到達までの道のり、1,000万、凄い、大したことない、割合、40代、生活レベル、旦那、何人に一人、どんな人、車、何乗ってる、モテる、専業主婦、