表面粗さ記号:徹底解説と図面での使い方(ra rz 使い分け、アメリカ、意味、

 


表面粗さは、製品の機能や性能に大きく影響する重要な要素です。図面上で表面粗さを正確に指示するためには、記号の正しい使い方が不可欠です。

このブログ記事では、表面粗さ記号の基礎知識から、JIS規格やアメリカ規格における記号、新旧記号の違い、意味、代表的な記号、研磨との関係、CADでの使い方、図面での記入方法まで、表面粗さ記号に関するあらゆる情報を網羅的に解説します。

1. JIS規格と記号

日本工業規格(JIS)では、表面粗さを表す記号として、RzRaRmaxなど、さまざまな種類が定められています。

  • Rz:10点の平均最大高さ
  • Ra:算術平均粗さ
  • Rmax:最大高さ

これらの記号は、それぞれ異なる意味を持ち、用途によって使い分けられます。

2. アメリカ規格と記号

アメリカ規格(ANSI)では、JIS規格とは異なる記号体系が使用されています。

  • AA:Rzに相当
  • ARITHMETIC AVERAGE:Raに相当
  • RMAX:Rmaxに相当

それぞれの記号の意味はJIS規格と同様ですが、記号の表記方法が異なる点に注意が必要です。

3. 新旧記号の違い

2000年にJIS規格が改正され、表面粗さ記号の表記方法が変更されました。

  • 旧記号:Rz、Ra、Rmaxなど
  • 新記号:Sa、Sq、Szなど

新記号は、より直感的に理解しやすいように設計されています。

4. 表面粗さ記号の意味

表面粗さ記号は、以下の要素を表します。

  • 高さ:Rz、Ra、Rmaxなど
  • 方向性:縦方向、横方向、全方向
  • 測定方法:接触式、非接触式

記号の種類によって、表される要素が異なります。

5. 代表的な記号と意味

代表的な表面粗さ記号とその意味は以下の通りです。

  • Rz:10点の平均最大高さ(旧記号)
  • Ra:算術平均粗さ(旧記号)
  • Rmax:最大高さ(旧記号)
  • Sa:算術平均粗さ(新記号)
  • Sq:二乗平均粗さ(新記号)
  • Sz:最大高さ(新記号)

これらの記号は、図面上で表面粗さを指示するために使用されます。

6. 研磨との関係

表面粗さは、研磨によって調整することができます。

  • 研磨の種類:研削、研磨、ポリッシング
  • 表面粗さ:研磨の種類によって変化

研磨の種類によって、表面粗さの仕上がりが異なります。

7. CADでの使い方

CADソフトでは、表面粗さ記号を簡単に挿入することができます。

  • 方法:コマンド、ツールバー、ダイアログボックス
  • 設定:記号の種類、サイズ、位置

CADソフトによって、表面粗さ記号の挿入方法は異なります。

8. 図面での記入方法

図面上で表面粗さを指示するには、以下の項目を記入する必要があります。

  • 記号:Rz、Ra、Rmaxなど
  • 数値:表面粗さの値
  • 方向性:必要に応じて
  • 測定方法:必要に応じて

記入方法は、JIS規格や社内規定に従う必要があります。

9. まとめ

表面粗さ記号は、図面上で表面粗さを正確に指示するために不可欠なツールです。このブログ記事を参考に、表面粗さ記号の正しい使い方をマスターし、製品の品質向上に役立ててください。

このブログの人気の投稿

選考結果 お待ちください 返信:例文とポイントを徹底解説!好印象を与えるマナーや転職・面接での適切な対応をマスター

年収1000万円凄さ:その実態と到達までの道のり、1,000万、凄い、大したことない、割合、40代、生活レベル、旦那、何人に一人、どんな人、車、何乗ってる、モテる、専業主婦、