残業代もらえない?させてくれない?パワハラ?ストレス解消法から転職まで徹底解説!

 


残業したいのにさせてくれない残業代が出ない上司から無理やり残業をさせられるなど、残業に関する悩みは尽きません。長時間労働は、心身健康するだけでなく、仕事の低下させてしまいます。

このブログ記事では、残業に関する様々な悩みについて、原因対処法ストレス解消法転職まで徹底解説します。自分に合った解決策を見つけて、健やか職場環境を作りましょう!

1. 残業 させてくれない

残業したいのにさせてくれない場合は、以下のような理由考えられます。

  • 会社方針残業禁止されている
  • 人手不足他の社員任せられない
  • 上司残業好まない

会社方針残業禁止されている場合は、従うしかありません人手不足他の社員任せられない場合は、効率化提案したり、外部業務委託することを検討しましょう。上司残業好まない場合は、上司相談して、業務量調整してもらったり、残業必要性説明したりしましょう。

2. 残業させてくれない 知恵袋

残業に関する悩みは、インターネット掲示板などで相談することができます。特に「Yahoo!知恵袋」は、多くの利用しており、様々なアドバイスを得ることができます。

相談する際には以下のような情報具体的に記載**しましょう。

  • 会社規模業種
  • 自分の職種役職**
  • 残業に関する具体的な悩み**

多くからアドバイスを得ることで、解決糸口が見つかる可能性があります。

3. 残業させてくれない 自分だけ

残業させられるのは自分だけだと感じる場合は、以下のような原因考えられます。

  • 上司気に入られていない
  • 仕事が**遅い
  • ミスが多い

上司気に入られていない場合は、積極的にコミュニケーションを取るようにしましょう**。仕事遅い場合は、効率化検討したり、上司指導依頼したりしましょう**。ミスが多い場合は、注意深く仕事に取り組み、ミス減らすように努力しましょう**。

4. 残業させてくれない パワハラ

上司から無理やり残業させられる場合は、パワハラ該当する可能性があります。パワハラを受けていると感じたら、以下のような対処法があります。

  • 上司直接抗議**する
  • 人事相談**する
  • 外部機関相談する

パワハラ決して許されることではありません**。一人で抱え込まず周囲相談したり、必要に応じて外部機関助けを求めましょう

5. 残業させてくれない 仕事終わらない

仕事終わらず残業ざるを得ない場合は、以下のような原因考えられます。

  • 仕事量多い
  • 時間管理できていない
  • 効率が悪い

仕事量多い場合は、上司相談して、業務量調整してもらったり、外部業務委託することを検討しましょう**。時間管理できていない場合は、スケジュール明確し、優先順位付けて仕事を進めるようにしましょう**。効率が悪い場合は、仕事の仕方を見直したり、ITツール活用したりしましょう**。

6. 残業させてくれない 新人

新人だからといって、残業させられるのは問題です。新人経験知識不足しているため、長時間労働特に負担大きくなります。残業させられるのが辛い場合は、上司相談したり、人事相談したりしましょう**。

7. 残業させてくれない会社

会社全体残業多い場合は、長時間労働対策不十分である可能性があります。長時間労働は、従業員健康するだけでなく、生産性低下にもつながります。会社全体長時間労働減らすためには、経営陣率先して対策に取り組む必要があります。

8. 残業 誰のせい

残業責任は、誰かせいではありません**。以下のような様々な要因考え**られます。

  • 仕事量が多い
  • 人手不足
  • 時間管理が悪い
  • 効率が悪い
  • 会社方針

仕事量が多い場合は、業務見直し外部への委託などを検討する必要があります人手不足の場合は、採用活動強化したり、業務効率化ったりする必要があります時間管理が悪い場合は、スケジュール明確し、優先順位付けて仕事を進めるようにしましょう効率が悪い場合は、仕事の仕方を見直したり、ITツール活用したりしましょう**。会社方針残業多い場合は、会社全体長時間労働対策に取り組む必要があります**。

9. 仕事 残業させてくれない

仕事終わら残業ざるを得ない場合は、以下のような対策有効**です。

  • 上司相談して、業務量調整してもらう
  • 時間管理徹底する
  • 仕事の仕方を見直して効率を**上げる
  • 必要に応じて残業

残業必ずする必要はありません**。自分キャパシティを超えると感じたら、無理せず残業りましょう

10. 残業 つけさせてくれない 残業させたがる

残業させられたくないのに、上司無理やり残業させようとする場合は、以下のような理由考え**られます。

  • 上司自身が長時間労働れている
  • 部下残業当然と考えている
  • 部下成長のためにあえて残業させ**ている

上司自身が長時間労働れている場合は、部下負担理解できない可能性があります**。部下残業当然と考えている場合は、部下意見ようとしません**。部下成長のためにあえて残業させている場合は、部下その意図きちんと伝えいない可能性があります

いずれ場合も、上司