【徹底解説】脅された時の対処法:毅然とした対応で身を守る

 


日常生活の中で、突然脅迫を受け、恐怖や不安を感じた経験はありませんか?脅迫は、決して許される行為ではありません。

しかし、脅迫を受けた場合、どのように対応すれば良いのかわからない人も多いのではないでしょうか。

この記事では、脅迫を受けた際の具体的な対処法を、事例を交えながら詳しく解説します。

被害届を出すと脅された

脅迫の内容によっては、刑事事件として立件できる場合があります。

具体的には以下のような脅迫刑事罰の対象となります。

  • 暴行・傷害脅迫
  • 殺害脅迫
  • 名誉毀損脅迫
  • 恐喝
  • 強要

このような脅迫を受けた場合は、すぐに 警察被害届提出しましょう。

被害届提出することで、警察捜査を開始し、犯人逮捕することができます。

また被害届提出しておけば、将来 民事訴訟起こす際にも有利働きます

訴えると 脅された

民事訴訟起こす脅迫された場合も、慌てる必要はありません

民事訴訟は、必ずしも 起こせるわけではありません。

訴訟起こすためには、十分な 証拠が必要となります。

証拠がない場合は、訴訟起こしても 勝訴することは難しいでしょう。

また民事訴訟は、時間費用がかかるというデメリット**もあります。

訴訟起こす前に、弁護士相談し、メリットデメリットよく 検討しましょう。

脅された時の対処法

脅迫を受けた場合は、以下3つの 基本的な対処法覚えておきましょう

  1. 冷静さを保つ
  2. 相手を刺激しない
  3. 証拠を集める

1. 冷静さを保つ

脅迫を受けると、恐怖怒り冷静さを失ってしまうことがあります。

しかし、冷静さを失ってしまうと、適切な判断できなくなり状況悪化させてしまう可能性があります。

深呼吸をして、ゆっくり考え落ち着いて 行動しましょう。

2. 相手を刺激しない

相手刺激してしまうと、さらに 攻撃的になる**可能性があります。

脅迫を受けた場合は、反論したり、言い返したりせず、冷静話を聞くようにしましょう。

また眼を見て話したり大きな声で話したりするのも避けましょう。

3. 証拠を集める

脅迫を受けた日時、場所、内容、相手の言動などを記録しておきましょう。

また録音録画可能であれば、証拠としてしておきましょう。

証拠があれば、警察への被害届提出や、弁護士への相談スムーズになります。

拡散すると脅された

SNSなどで個人情報拡散すると脅迫された場合は、以下対応検討しましょう。

  • SNSアカウント設定変更し、個人情報公開されないようにする
  • 拡散される可能性のある個人情報削除する**
  • 警察相談する**

拡散された個人情報削除してもらうには、発信者削除依頼する**必要があります。

しかし発信者削除に応じない場合は、警察相談し、削除依頼してもらうこともできます。

名誉毀損で訴えると脅された

名誉毀損訴えると 脅迫された場合も、慌てる必要はありません

名誉毀損は、刑法処罰される犯罪です。

しかし名誉毀損訴えられるためには、以下の 要件すべて 満たす必要があります。

  • 客観的に名誉を毀損するような言動が行われたこと
  • 故意で**行われたこと
  • 真実ではないこと
  • 公然と行われたこと

これらの要件すべて 満たしていない場合は、名誉毀損訴えられても勝訴することは難しいでしょう。

名誉毀損訴えると 脅迫された場合は、以下対応検討しましょう。

  • 弁護士相談する**
  • 証拠を集める**
  • 相手毅然とした態度で接する

弁護士相談すれば、名誉毀損成立要件判断し、適切な 対応アドバイスしてもらえます。

また証拠があれば、警察への被害届提出や、裁判での証拠として使用することができます。

相手毅然とした態度で接することも重要です。相手怯んでいる様子を見せてしまうと、さらに 威圧してくる**可能性があります。

毅然とした態度接することで相手牽制することができます。

ヤクザに脅されたら

ヤクザ脅迫された場合は、すぐに 警察相談しましょう。

ヤクザは、暴力脅迫によって金銭物品恐喝したり、不法な要求押し付けたりする犯罪組織です。

ヤクザ脅迫された場合は、一人で解決しようとせず、必ず 警察相談しましょう。

警察は、ヤクザからの被害から守るために、様々な 対策講じています

具体的には以下のような対策挙げられます

  • パトカーによる警戒
  • 防犯カメラ設置
  • 被害者への保護

警察相談することで、ヤクザからの被害防ぐことができます。

退職 訴えると脅された

退職考えた時に、上司同僚から**「退職したら訴えるぞ」脅迫された場合は、以下対応検討**しましょう。

  • 証拠を集める**
  • 弁護士相談する**
  • 労働基準監督署相談する**

証拠としては、脅迫録音録画メールLINEやり取りなどが挙げられます

弁護士相談すれば、脅迫違法かどうかを判断し、適切な 対応アドバイスしてもらえます。

労働基準監督署は、労働者権利保護する行政機関です。

退職阻止するための脅迫は、労働基準法禁止されています。

労働基準監督署相談することで、違法な 脅迫止めることができます。

退職 脅された

退職考えた時に、上司同僚から**「退職したら訴えるぞ」脅迫された場合は、以下対応検討**しましょう。

  • 証拠を集める**
  • 弁護士相談する**
  • 労働基準監督署相談する**

証拠としては、脅迫録音録画メールLINEやり取りなどが挙げられます

弁護士相談すれば、脅迫違法かどうかを判断し、適切な 対応アドバイスしてもらえます。

労働基準監督署は、労働者権利保護する行政機関です。