肉体関係がないのに慰謝料請求された! その時の対処法


肉体関係なしでも慰謝料請求されるケースとは?

不倫や浮気は、配偶者の精神的苦痛を招く重大な行為であり、慰謝料請求の対象となります。しかし、一般的には肉体関係がない場合、慰謝料請求は認められにくいと言えます。

しかし、肉体関係がなくても、以下のようなケースでは慰謝料請求が認められる可能性があります。

  • キスや抱き合いなど、恋愛関係をうかがわせる行為が繰り返し行われた場合
  • 交際が原因で相手夫婦が別居や離婚に至った場合
  • 交際に伴い、相手夫婦に経済的損害が発生した場合

肉体関係なしで慰謝料請求された時の対処法

もし、肉体関係がないのに慰謝料請求された場合は、以下の手順で対処しましょう。

  1. 請求者との連絡を断ち、弁護士に相談する
  2. 請求内容を冷静に分析し、事実と異なる点があれば証拠を集める
  3. 弁護士を通じて交渉を行い、妥協点を見出す
  4. 必要に応じて裁判で争う

肉体関係なしの慰謝料請求に関する判例

肉体関係なしでも慰謝料請求が認められた判例はいくつかあります。例えば、以下の判例があります。

  • 東京地方裁判所平成20年11月20日判決:夫婦関係が破綻する程度に深い関係があったと認められ、慰謝料が支払われた。
  • 大阪地方裁判所平成22年1月20日判決:キスや抱き合いなどの行為が繰り返し行われたと認められ、慰謝料が支払われた。

慰謝料請求に関する相談窓口

肉体関係なしでも慰謝料請求に関する相談は、弁護士や法テラスなどの機関に相談することができます。

まとめ

肉体関係がない場合でも、状況によっては慰謝料請求が認められることがあります。請求された場合は、慌てずに弁護士に相談し、適切な対処をしましょう。

なお、上記は一般的な情報であり、個別のケースでは異なる対応が必要となる場合があります。必ず専門家に相談してください。


このブログの人気の投稿

電線の太さ:種類、規格、決め方、計算方法を徹底解説!

表面粗さ記号:徹底解説と図面での使い方(ra rz 使い分け、アメリカ、意味、

選考結果 お待ちください 返信:例文とポイントを徹底解説!好印象を与えるマナーや転職・面接での適切な対応をマスター