電子記録債権(でんさい)の手数料:負担は誰どっち?発生記録・譲渡記録・決済手数料を徹底解説!

 


**電子記録債権(でんさい)**は、近年注目を集めている便利な決済手段です。しかし、でんさいには様々な手数料が発生し、誰が負担するのか悩む方も多いのではないでしょうか。

このブログ記事では、でんさいの手数料について、以下の内容を詳しく解説します。

  • でんさいの手数料の種類
  • でんさいの手数料の負担者
  • でんさい手数料の仕訳
  • でんさい手数料を節約する方法

でんさいを導入しようとしている方、でんさいの手数料について理解を深めたい方は、ぜひ参考にしてください。

1. でんさいの手数料の種類

でんさいには、大きく分けて3種類の手数料があります。

  • 発生記録手数料:でんさいを発行する際に支払う手数料
  • 譲渡記録手数料:でんさいを譲渡する際に支払う手数料
  • 決済手数料:でんさいを支払う際に支払う手数料

これらの手数料は、金融機関によって異なりますが、1件あたり数十円から数百円程度です。

2. でんさいの手数料の負担者

でんさいの手数料の負担者は、取引の種類によって異なります

  • 一般取引:発生記録手数料は支払側譲渡記録手数料は譲渡側決済手数料は支払側が負担します。
  • 下請代金支払い:発生記録手数料は親事業者譲渡記録手数料は譲渡側決済手数料は親事業者が負担します。

下請代金支払いにおける手数料負担については、下請法で定められており、親事業者が発生記録手数料を負担する必要があります。

3. でんさい手数料の仕訳

でんさいの手数料は、発生記録手数料譲渡記録手数料決済手数料それぞれで仕訳する必要があります。

仕訳例

  • 発生記録手数料
    • 借方:電子記録債権発生手数料
    • 貸方:現金
  • 譲渡記録手数料
    • 借方:電子記録債権譲渡手数料
    • 貸方:現金
  • 決済手数料
    • 借方:支払手数料
    • 貸方:現金

4. でんさい手数料を節約する方法

でんさい手数料を節約するには、以下の方法があります。

  • でんさいの利用頻度が高い場合は、手数料が安い金融機関を選ぶ
  • まとめてでんさいを発行・譲渡・決済する
  • でんさいネットサービスを利用する

でんさいネットサービスは、金融機関間ででんさいを簡単に発行・譲渡・決済できるサービスです。でんさいネットサービスを利用することで、手数料を節約することができます。

5. まとめ

でんさいの手数料は、取引の種類や金融機関によって異なります。でんさいを導入する前に、手数料の負担者や仕訳方法などをしっかりと理解しておきましょう。

でんさい手数料を節約するには、利用頻度が高い場合は手数料が安い金融機関を選ぶ、まとめてでんさいを発行・譲渡・決済する、でんさいネットサービスを利用するなどの方法があります。

このブログ記事が、でんさいの手数料について理解を深め、でんさいをより効果的に活用する参考になれば幸いです。

このブログの人気の投稿

選考結果 お待ちください 返信:例文とポイントを徹底解説!好印象を与えるマナーや転職・面接での適切な対応をマスター(面接結果、転職、メール、しばらくお待ちください、

電線の太さ:種類、規格、決め方、計算方法を徹底解説!

表面粗さ記号:徹底解説と図面での使い方(ra rz 使い分け、アメリカ、意味、処理、jis、新旧、cad、書き方、