塗装屋さん:仕事内容から必要なものまで徹底解説!

 


塗装屋さんは、建物の外壁や屋根などを塗装する仕事です。

近年は、住宅の塗り替えリフォームが盛んになっており、塗装屋さんの需要高まっています

しかし、塗装屋さんの仕事内容必要なものについて、詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、塗装屋さんの仕事内容から必要なものまで、徹底解説します。

塗装屋年収

塗装屋さんの年収は、経験スキル勤務先などによって大きく異なります

一般的には200万円~600万円程度と言われています。

独立して塗装店を経営している場合は、年収1000万円を超えることも可能です。

塗装屋名刺

塗装屋さんにとって、名刺重要な営業ツールです。

名刺には、会社名住所電話番号メールアドレスホームページ代表者名担当者名などを記載します。

デザインは、シンプル分かりやすいものがおすすめです

裏面には、会社の強みや実績などを記載すると、より効果的です。

塗装屋チラシ

塗装屋さんは、チラシを使って集客することもできます。

チラシには、塗装サービスの内容料金キャンペーンなどを分かりやすく記載します。

ターゲット層に合わせて、デザイン内容工夫することが大切です。

ポスティング新聞折込配布したり、ホームページ掲載したりすることができます。

塗装屋作業車

塗装屋さんは、作業を使用することが多いです。

作業車には、塗料道具などを積載する必要があります。

車種は、軽自動車トラックバンなど様々です。

作業必要な道具効率よく積載できる車種を選びましょう。

塗装屋倉庫

塗装屋さんは、塗料道具などを保管する倉庫が必要となります。

倉庫は、広さ場所セキュリティなどを考慮して選ぶ必要があります。

塗料は、高温直射日光弱いので、温度管理注意する必要があります。

防犯対策しっかりと行う必要があります。

塗装屋作業着

塗装屋さんは、作業作業着を着用します。

作業着には、汚れ塗料から身を守る効果があります。

素材は、綿ポリエステルなど、動きやすく通気性の良いものがおすすめです

サイズは、大きすぎず小さすぎず動きやすいものを選びましょう。

塗装屋屋号

塗装屋さんは、屋号登録することができます。

屋号は、会社名個人名の代わりに使用できます。

屋号は、覚えやすく分かりやすいものがおすすめです

商標登録しておくと、他人に勝手に使用されるのを防ぐことができます。

塗装屋見積書

塗装屋さんは、作業前に見積書を作成します。

見積書には、作業内容料金材料費工賃消費税などを記載します。

分かりやすく詳細記載することが大切です。

見積書は、お客様納得してもらえるように、丁寧説明する必要があります。

まとめ

塗装屋さんは、建物の美観を守る仕事です。

責任やりがいのある仕事です。

このブログの人気の投稿

電線の太さ:種類、規格、決め方、計算方法を徹底解説!

表面粗さ記号:徹底解説と図面での使い方(ra rz 使い分け、アメリカ、意味、

選考結果 お待ちください 返信:例文とポイントを徹底解説!好印象を与えるマナーや転職・面接での適切な対応をマスター