みんなで大家さん損した:投資のメリットとデメリットを徹底解説!失敗談や注意点も紹介


はじめに

近年、不動産投資に興味を持つ人が増えています。そんな中、話題となっているのが「みんなで大家さん」というクラウドファンディングサービスです。

みんなで大家さんでは、少額から不動産投資に参加することができ、手軽に大家さんになる夢を叶えることができます。

しかし、投資には必ずリスクが伴います。

今回は、みんなで大家さんのメリットとデメリットを徹底解説し、失敗談や注意点なども紹介していきます。


見出し1:みんなで大家さん 失敗

みんなで大家さんで失敗した人の体験談をいくつか紹介します。

  • 想定よりも収益が低い: 投資した物件の収益性が低く、当初の予想よりも利益が少なかったという声があります。
  • 空室リスク: 投資した物件が空室になり、家賃収入が得られなかったという声があります。
  • 運営会社の対応が悪い: 投資中にトラブルが発生した際、運営会社の対応が不十分だったという声があります。

見出し2:みんなで大家さん 返金 されない

みんなで大家さんでは、投資した元本が返金されないというリスクがあります。

これは、投資した物件が想定よりも収益性が低かったり、空室になったりした場合に起こります。

また、運営会社が倒産した場合も、元本が返金されない可能性があります。

見出し3:みんなで大家さん 満期

みんなで大家さんの投資期間は、案件によって異なりますが、一般的には5年~10年程度です。

満期を迎えた案件は、これまでに分配金が支払われた実績や、今後の見通しなどを確認する必要があります。

見出し4:みんなで大家さん 大丈夫か

みんなで大家さんは、金融庁の登録を受けたクラウドファンディングサービスであり、一定の安全性は確保されています。

しかし、投資には必ずリスクが伴います。

投資する前に、以下の点に注意しましょう。

  • 案件内容をしっかりと確認する: 投資する案件の内容をしっかりと確認し、リスクを理解した上で投資する必要があります。
  • 分散投資する: すべての卵を一つのカゴに盛らないように、複数の案件に分散投資することが大切です。
  • 余剰資金で投資する: 生活資金を投資に回すのではなく、余剰資金で投資するようにしましょう。

見出し5:みんなで大家さん 節税

みんなで大家さんで節税できる可能性はありますが、必ずしも節税効果があるわけではありません。

節税効果を得るためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 青色申告をする: 白色申告をしている場合は、節税効果を得ることができません。
  • 不動産所得を損失計上できる: 投資した物件の経費が家賃収入よりも多い場合にのみ、損失を計上することができます。

節税効果については、税理士に相談することをおすすめします。

見出し6:みんなで大家さん 所得税

みんなで大家さんの利益は、所得税の対象となります。

不動産所得は、総合課税の対象となるため、給与所得などと合算して課税されます。

見出し7:みんなで大家さん 元本割れ

みんなで大家さんでは、投資した物件の価値が下落した場合に、元本割れのリスクがあります。

これは、投資した金額よりも物件の売却価格が低くなった場合に起こります。

元本割れのリスクを回避するためには、以下の点に注意しましょう。

  • 立地条件の良い物件を選ぶ: 立地条件の良い物件は、空室リスクが低く、価値が下落しにくい傾向があります。
  • 築年数の古い物件は避ける: 築年数の古い物件は、修繕費などの支出が大きくなり、価値が下落しやすい傾向があります。
  • 複数の案件に分散投資する: すべての卵を一つのカゴに盛らないように、複数の案件に分散投資することで、リスクを軽減することができます。

見出し8:みんなで大家さん 償還 されない

みんなで大家さんでは、運営会社が倒産した場合投資した元本が償還されない可能性があります。

クラウドファンディングは、あくまでも民間のサービスであり、預金保険の対象とはなりません。

運営会社が倒産した場合、投資した元本が返金されないだけでなく、分配金も支払われなくなる可能性があります。

見出し9:みんなの大家さん デメリット

みんなで大家さんには、以下のようなデメリットがあります。

  • 元本割れのリスクがある: 上記の通り、投資した物件の価値が下落した場合に、元本割れのリスクがあります。
  • 空室リスクがある: 投資した物件が空室になった場合、家賃収入が得られなくなり、損失が発生する可能性があります。
  • 運営会社の倒産リスクがある: 運営会社が倒産した場合、投資した元本が返金されないだけでなく、分配金も支払われなくなる可能性があります。
  • 流動性が低い: 投資した物件をすぐに売却することは難しく、換金性 が低いです。
  • 手数料が高い: 投資する際に、手数料が発生します。

まとめ

みんなで大家さんは、少額から不動産投資に参加できるというメリットがありますが、元本割れや空室リスクや損した評判など、様々なリスクがあります。

投資する前に、しっかりとデメリットを理解し、慎重に検討することが大切です。

また、複数の案件に分散投資したり、余剰資金で投資したりするなど、リスクを軽減するための対策を講じることも重要です。

このブログの人気の投稿

選考結果 お待ちください 返信:例文とポイントを徹底解説!好印象を与えるマナーや転職・面接での適切な対応をマスター(面接結果、転職、メール、しばらくお待ちください、

電線の太さ:種類、規格、決め方、計算方法を徹底解説!

表面粗さ記号:徹底解説と図面での使い方(ra rz 使い分け、アメリカ、意味、処理、jis、新旧、cad、書き方、