配線太さ:種類、選び方、接続方法まで完全網羅!

 


電工のプロを目指すあなたへ!配線太さの基礎知識から、種類ごとの選び方、接続方法までを徹底解説します。

1. 配線太さの種類

配線太さは、主に以下の3種類で表されます。

  • J規格(JIS C 0301): 日本で最も一般的な規格で、**sq(スケア)**と表記されます。
  • AWG(American Wire Gauge): アメリカで一般的な規格で、AWGと表記されます。
  • mm(ミリメートル): 単線の太さを表す場合に使用されます。

2. 代表的な配線太さ

  • 2sq: 一般家庭のブレーカーからコンセントまでの配線によく使用されます。
  • 4sq: エアコンや電子レンジなどの高出力機器の配線によく使用されます。
  • 6sq: 太陽光発電システムや蓄電池システムの配線によく使用されます。
  • 8sq: 電気自動車の充電設備や工場設備の配線によく使用されます。

3. 配線太さの選び方

配線太さは、以下の3つの要素を考慮して選びます。

  • 電流: 流れる電流の大きさに応じて、太さを選びます。電流値が大きいほど、太い配線が必要になります。
  • 電圧: 使用する電圧に耐えられる太さの配線を選びます。
  • 距離: 配線距離が長い場合は、電圧降下を防ぐために太い配線が必要になります。

4. EVコンセントの配線太さ

EVコンセントの配線太さは、充電方式によって異なります。

  • レベル2: 6sqが推奨されます。
  • レベル3: 12sq以上が必要です。

5. 三相200Vの配線太さ

三相200Vの配線太さは、使用される電流や距離によって異なりますが、一般的には6sq以上が必要です。

6. サブバッテリーの配線太さ

サブバッテリーの配線太さは、使用される電流や距離によって異なりますが、一般的には4sq以上が必要です。

7. バイクの配線太さ

バイクの配線太さは、車種や使用目的によって異なりますが、一般的には1sq~2sq程度です。

8. 配線太さが違う場合の接続

配線太さが異なる場合、圧着端子やラグ端子を使用して接続します。

9. 配線太さの調べ方

配線太さは、以下の方法で調べることができます。

  • 電線に印字されている: 電線には、太さを示す数字が印字されています。
  • ノギスで測定する: ノギスを使用して、電線の太さを測定することができます。

10. まとめ

配線太さは、電気工事において重要な要素です。今回紹介した内容を参考に、適切な配線太さを選んで、安全な電気工事をしましょう。

※電気工事は感電などの危険を伴います。必ず電気工事士の資格を持った者が行ってください。

このブログの人気の投稿

電線の太さ:種類、規格、決め方、計算方法を徹底解説!

表面粗さ記号:徹底解説と図面での使い方(ra rz 使い分け、アメリカ、意味、

選考結果 お待ちください 返信:例文とポイントを徹底解説!好印象を与えるマナーや転職・面接での適切な対応をマスター