電線の太さ:種類、規格、決め方、計算方法を徹底解説!

 


電気工事やDIYで電線を選ぶ際、太さは非常に重要な要素です。太さが適切でないと、発熱や電圧降下などの問題を引き起こす可能性があります。

この記事では、電線の太さに関する基礎知識を網羅的に解説します。種類、規格、決め方、計算方法などを理解することで、安全で確実な電気配線を構築することができます。

電線の太さ sq

電線の太さは、導体の断面積(平方ミリメートル)で表されます。一般的に「sq」という記号で表記されます。

電線の太さの規格

電線の太さは、JIS規格(日本産業規格)で定められています。代表的な規格としては、JISC 3102(ケーブル及びコード用導体)やJISC 3103(ケーブル及びコード用撚り線)などがあります。

これらの規格では、電線の種類、導体材質、絶縁被覆の種類、定格電流、許容電流密度などを規定しています。

電線の太さ 英語

英語では、電線の太さを「wire gauge」または「wire size」と呼びます。

  • wire gauge:AWG(American Wire Gauge)やSWG(Standard Wire Gauge)などの規格に基づく太さを表す場合に使用されます。
  • wire size:より一般的な用語で、導体の断面積(平方インチ)またはミリメートルで表される太さを表す場合に使用されます。

電線の太さの種類

電線の太さは、導体の断面積によって以下のように分類されます。

  • 細線:0.5sq以下
  • 中線:0.5sq~2.6sq
  • 太線:2.6sq~
  • 極太線:26sq~

電線の太さ 決め方

電線の太さは、以下の要素を考慮して決めなければなりません。

  • 電流:流れる電流の大きさに応じて、太さを決定する必要があります。電流値が大きいほど、太い電線が必要です。
  • 電圧降下:電流が流れると、電線に電圧降下が発生します。許容される電圧降下範囲内に収まるように、太さを決定する必要があります。
  • 発熱:電流が流れると、電線は発熱します。許容される発熱量を超えないように、太さを決定する必要があります。
  • 設置場所:屋外や高温多湿な場所などに設置する場合は、耐候性や耐熱性に優れた太い電線を選ぶ必要があります。

電線の太さ 選定

電線の太さは、電気工事士や電気設備設計者などの専門家に相談するのがおすすめです。これらの専門家は、上記のような要素を考慮して、最適な太さを選定することができます。

電線の太さ 計算

電線の太さは、以下の式で計算することができます。

S = I^2 / (ρ * J)
  • S:導体の断面積(sq)
  • I:流れる電流(A)
  • ρ:導体の抵抗率(Ω・m)
  • J:許容電流密度(A/sq)

この式は、電圧降下や発熱を考慮していないため、あくまでも目安として使用してください。

電線の太さ 単位

電線の太さは、平方ミリメートル(sq)で表されます。

その他にも、AWGやSWGなどの規格で表される場合もあります。

まとめ

電線の太さは、電気工事やDIYにおいて非常に重要な要素です。この記事で紹介した知識を参考に、適切な太さの電線を選んで、安全で確実な電気配線を構築しましょう。

なお、電気工事は感電などの危険を伴うため、必ず電気工事士などの専門家に依頼してください。

このブログの人気の投稿

表面粗さ記号:徹底解説と図面での使い方(ra rz 使い分け、アメリカ、意味、

選考結果 お待ちください 返信:例文とポイントを徹底解説!好印象を与えるマナーや転職・面接での適切な対応をマスター

年収1000万円凄さ:その実態と到達までの道のり、1,000万、凄い、大したことない、割合、40代、生活レベル、旦那、何人に一人、どんな人、車、何乗ってる、モテる、専業主婦、