封筒の厚さ:種類、測り方、書き方まで完全ガイド

 


封筒は、大切な書類や手紙を郵送する際に欠かせないアイテムです。しかし、封筒にはさまざまな種類があり、厚さも様々です。今回は、封筒の厚さに関する疑問を解決するべく、種類、測り方、書き方などを詳しく解説します。

封筒 どっち向きに入れる

封筒には、表と裏があります。表は、宛先住所を書き、切手を貼る面です。裏は、送り主の住所を書き、閉じる面です。封筒を投函する際は、表を上にして入れるようにしましょう。

封筒 どっちが表

封筒の表と裏は、以下のポイントで判断できます。

  • 封筒のデザイン: 表面には、企業や団体のロゴやマークなどが印刷されていることが多いです。
  • 封筒の窓: 窓がある場合は、窓が表側になります。
  • 封筒の糊: 糊がついている面は、裏側になります。

それでも判断が難しい場合は、封筒の隅に「表」と「裏」と小さく書かれている場合があります。

厚手の封筒

厚手の封筒は、厚さ0.2mm以上の封筒を指します。厚手の封筒には、以下のような種類があります。

  • 角2封筒: 一般的な封筒で、A4サイズの書類を折らずに入れることができます。
  • 長形封筒: 長細い封筒で、A4サイズの書類を折って入れることができます。
  • 洋形封筒: 洋形便箋やハガキを入れるのに適した封筒です。
  • 角形窓付封筒: 窓付きの封筒で、宛先住所を書かずに投函することができます。

封筒の厚さ 測り方

封筒の厚さを測るには、定規やノギスを使用します。測る場所は、封筒の最も厚い部分です。

封筒の厚さ 単位

封筒の厚さは、mm(ミリメートル)で表されます。

封筒 誰宛

封筒には、宛先住所を以下の通りに記入します。

  • 氏名: 宛先の氏名を楷書で丁寧に記入します。
  • 住所: 宛先の住所を都道府県、市区町村、番地、建物名、部屋番号の順に記入します。
  • 郵便番号: 宛先の郵便番号を7桁の数字で記入します。

封筒 どっちから開ける

封筒は、通常、上部から開けるように設計されています。封筒の上部に開封口がある場合は、そこから開けるようにしましょう。

封筒 どっちが上

封筒には、上と下はありません。しかし、宛先住所を書き、切手を貼る面を上にして投函する習慣があります。

封筒は、大切な書類や手紙を郵送する際に重要な役割を果たします。封筒の種類、測り方、書き方などを理解して、正しく使用しましょう。

このブログの人気の投稿

表面粗さ記号:徹底解説と図面での使い方(ra rz 使い分け、アメリカ、意味、

選考結果 お待ちください 返信:例文とポイントを徹底解説!好印象を与えるマナーや転職・面接での適切な対応をマスター

年収1000万円凄さ:その実態と到達までの道のり、1,000万、凄い、大したことない、割合、40代、生活レベル、旦那、何人に一人、どんな人、車、何乗ってる、モテる、専業主婦、