歯並びを治さない人、本当に大丈夫?原因、リスク、治療法を徹底解説

 

はじめに:

歯並びが悪いと、見た目だけでなく、噛み合わせや発音、虫歯や歯周病などのリスクにも影響を与えます。しかし、治療をすれば改善できるケースも多くあります。

この記事では、歯並びが悪い原因、治療方法、費用、放置した場合のリスクについて詳しく解説します。

1. 歯並びが悪い原因

歯並びが悪い主な原因は以下の通りです。

  • 遺伝: 親から受け継いだ顎や歯の大きさ、形などが原因で、歯並びが悪くなることがあります。
  • 乳歯の虫歯や歯周病: 乳歯の虫歯や歯周病によって、歯が抜けてしまったり、うまく生え変わらなかったりすることが原因で、永久歯の歯並びが悪くなることがあります。
  • 口呼吸: 口呼吸によって、歯列が狭くなったり、前歯が出てしまうことがあります。
  • 指しゃぶりや頬杖: 指しゃぶりや頬杖などの癖によって、歯並びが悪くなることがあります。
  • 外傷: 転倒などの外傷によって、歯が移動したり、折れたりすることが原因で、歯並びが悪くなることがあります。

2. 歯並びが悪い場合の治療方法

歯並びが悪い場合は、矯正歯科治療によって改善することができます。矯正歯科治療には、主に以下の方法があります。

  • マウスピース矯正: 透明なマウスピースを装着して、歯をゆっくりと動かしていく方法です。目立ちにくく、取り外しができるため、比較的負担の少ない治療方法です。
  • ワイヤー矯正: 歯にブラケットと呼ばれる金属製の装置を装着し、ワイヤーで歯を動かしていく方法です。マウスピース矯正よりも強い力で歯を動かすことができるため、複雑な歯並びの矯正にも適しています。
  • 外科矯正: 骨格的な問題が原因で歯並びが悪い場合は、外科手術によって顎の骨を切断したり、削ったりして、歯列を調整する方法です。

3. 歯並び矯正の費用

歯並び矯正の費用は、治療方法や矯正期間によって異なりますが、一般的には20万円~100万円程度です。マウスピース矯正は比較的安価ですが、ワイヤー矯正や外科矯正は高額になる場合があります。

4. 歯並びが悪いまま放置した場合のリスク

歯並びが悪いまま放置すると、以下のようなリスクがあります。

  • 噛み合わせが悪くなる: 歯並びが悪いと、歯がうまく噛み合わず、噛み合わせが悪くなります。噛み合わせが悪いと、顎関節症や虫歯、歯周病などのリスクが高くなります。
  • 発音が悪くなる: 歯並びが悪いと、発音が悪くなることがあります。
  • 口臭の原因になる: 歯並びが悪いと、歯磨きがしにくくなり、口臭の原因になることがあります。
  • コンプレックスになる: 歯並びが悪いと、見た目が気になって、コンプレックスになることがあります。

5. いい歯並びとは?

いい歯並びとは、以下の条件を満たしている歯並びです。

  • 歯が歯列に沿って綺麗に並んでいる
  • すべての歯が適切な位置に生えている
  • 歯と歯の間に隙間がなく、しっかりと噛み合っている
  • 歯茎が健康な状態である

6. 幼児の歯並びが悪い場合

幼児の歯並びが悪い場合は、早めに歯科医院を受診することが大切です。乳歯の段階で治療を行うことで、永久歯の歯並びを改善しやすくなります。

7. まとめ

歯並びが悪い場合は、放置せずに矯正歯科治療を受けることをおすすめします。矯正歯科治療は、見た目を改善するだけでなく、噛み合わせや発音、虫歯や歯周病などのリスクを減らす効果もあります。

8. 関連情報

この記事が、歯並びについて理解を深め、適切な治療法を選択する参考になれば幸いです。

このブログの人気の投稿

表面粗さ記号:徹底解説と図面での使い方(ra rz 使い分け、アメリカ、意味、

選考結果 お待ちください 返信:例文とポイントを徹底解説!好印象を与えるマナーや転職・面接での適切な対応をマスター

年収1000万円凄さ:その実態と到達までの道のり、1,000万、凄い、大したことない、割合、40代、生活レベル、旦那、何人に一人、どんな人、車、何乗ってる、モテる、専業主婦、