お寺さんとの接し方:参拝方法、お布施、作法、呼び方などを徹底解説

 


日本には、古くから人々の信仰を集めてきたお寺が数多く存在します。しかし、近年ではお寺に縁のない方も増え、お寺での参拝方法や作法、お布施などについて分からないことが多くなっているようです。

そこで今回は、お寺さんとの接し方について、参拝方法、お布施、作法、呼び方などを詳しく解説します。

1. お寺参拝方法・お寺参拝の仕方

お寺参拝には、基本的な手順があります。

  1. 山門をくぐる: 山門は仏教の結界と考えられています。山門をくぐる際には、一礼をしてからくぐります。
  2. 手水舎で手を清める: 手水舎で柄杓を使い、左手、右手、口の順に水を清めます。
  3. 本堂へ向かう: 参道を通って本堂へ向かいます。
  4. 本堂前で一礼: 本堂の前で一礼をしてから、お参りをします。
  5. 合掌: 合掌とは、両手を合わせることです。合掌する際は、手のひらを合わせ、指先を揃えます。
  6. 読経: 読経とは、お経を唱えることです。お経を唱えられない場合は、心の中で般若心経などを唱えても構いません。
  7. 焼香: 焼香とは、香を焚いて仏に供養することです。焼香をする際は、まず香炉に一礼をしてから、右手を添えて左手を上に重ね、香を摘んで軽く振りかけます。
  8. 合掌: 焼香が終わったら、もう一度合掌をしてから、お参りを終えます。
  9. 退出: 本堂を出て、山門を出ます。

2. お寺さんお布施

お布施とは、お寺に寄進するお金のことです。お布施は、あくまでも任意ですが、お寺のご住職の生活費や寺院の維持管理費などに充てられます。

お布施の金額は、お寺によって異なりますが、一般的には3,000円から5,000円程度です。白封筒に表書きをして、お賽銭箱に入るか、お住職に直接渡します。

3. お寺さんへのお礼

お寺さんへのお礼は、お布施の他に、以下のような方法があります。

  • 御礼状: お寺さんへ御礼状を送るのも良いでしょう。御礼状には、参拝した日時、お寺の名前、お住職の名前、お礼の言葉などを書き添えます。
  • 菓子折り: 菓子折りをお供えするのも良いでしょう。菓子折りを選ぶ際は、派手な包装ではなく、上品なものを選びましょう。
  • お花: お花をお供えするのも良いでしょう。お花は、白菊や胡蝶蘭などが一般的です。

4. お寺七五三

七五三は、3歳、5歳、7歳の子どもの成長を祝う行事です。七五三は、神社で行うイメージが強いですが、お寺で行うこともできます。

お寺での七五三は、神社での七五三と同様に、祈祷を受けたり、お守りを買ったりすることができます。

5. お寺参拝作法

お寺参拝には、いくつかの作法があります。

  • 服装: 露出度の高い服装や派手な服装は避け、落ち着いた服装で参拝しましょう。
  • 言葉遣い: お寺では、丁寧な言葉遣いを心がけましょう。
  • 写真撮影: 本堂内など、写真撮影禁止の場所では撮影を控えましょう。
  • 飲食: 本堂内など、飲食禁止の場所では飲食を控えましょう。

6. お寺さんに渡すお金

お寺さんに渡すお金は、お布施の他に、以下のようなものがあります。

  • 御朱印料: 御朱印とは、お寺が発行する参拝の証明書です。御朱印をもらうには、御朱印料が必要です。御朱印料は、お寺によって異なりますが、300円から500円程度です。
  • 賽銭: 賽銭とは、神仏にお供えするお金です。賽銭は、10円玉や50円玉など、小銭を用意しましょう。

7. お寺さんに出すお茶

お寺さんに出すお茶は、来客用のおもてなしとして出されます。お茶を出す際は、以下のような点に注意しましょう。

  • お茶の種類: 緑茶やほうじ茶など、和風の茶葉を選びましょう。
  • お茶の淹れ方: お茶は、丁寧に淹れてから出しましょう。
  • お茶の出し方: お茶は、湯飲みやお猪口に注いでから出しましょう。
  • お菓子: お茶と一緒に、お菓子を出すのも良いでしょう。お菓子は、和菓子や洋菓子など、お寺さんに合わせて選びましょう。

8. お寺さんに渡すお菓子 のし

お寺さんに渡すお菓子には、のしを付けましょう。のしの表書きは、「御供」または「御菓子」と書き、下書きには自分の名前を書きます。

9. 粗供養 お寺 さん

粗供養とは、お寺に寄進する品物のことです。粗供養は、あくまでも任意ですが、お寺のご住職の生活費や寺院の維持管理費などに充てられます。

粗供養として、以下のようなものを寄進することができます。

  • 食料品: 米、野菜、果物など
  • 日用品: 洗剤、トイレットペーパーなど
  • 仏具: ろうそく、線香など

10. お寺さん 呼び方

お寺さんには、以下のような呼び方があります。

  • ご住職: お寺の住職の呼び方です。
  • 上人: 高僧の呼び方です。
  • 和尚: 老僧の呼び方です。
  • 先生: お寺に仕える僧侶の呼び方です。

まとめ

お寺さんとの接し方は、基本的には礼儀正しく丁寧にすることが大切です。今回紹介した内容を参考に、お寺参拝やご住職との交流を楽しんでください。

このブログの人気の投稿

表面粗さ記号:徹底解説と図面での使い方(ra rz 使い分け、アメリカ、意味、

選考結果 お待ちください 返信:例文とポイントを徹底解説!好印象を与えるマナーや転職・面接での適切な対応をマスター

年収1000万円凄さ:その実態と到達までの道のり、1,000万、凄い、大したことない、割合、40代、生活レベル、旦那、何人に一人、どんな人、車、何乗ってる、モテる、専業主婦、