逆さまつげ手術:失敗・ダウンタイム・費用・二重化・痛み・抜く?徹底解説

 


はじめに

逆さまつげは、まつ毛が目に当たって痛みや充血を引き起こす症状です。放置すると視力障害につながることもあるため、手術で治療することを検討する方も多いでしょう。

しかし、手術には失敗やダウンタイム、費用などの不安もつきものです。そこで今回は、逆さまつげ手術について、失敗リスク、ダウンタイム、費用、二重化、痛み、抜くことなど、気になる点を徹底解説します。

1. 逆さまつげ手術 失敗

逆さまつげ手術は、眼瞼内反症という病名を治療するものです。手術自体は比較的安全ですが、まれに以下のような失敗が起こる可能性があります。

  • 再発:手術後、まつ毛が再び目に当たる状態になる。
  • 過矯正:まつ毛が外向きになりすぎてしまう。
  • まぶたの形の変化:二重まぶたになる、まぶたが腫れぼったくなるなど。
  • 感染症:手術部位が感染する。

これらの失敗リスクを減らすためには、経験豊富な医師を選ぶことが重要です。

2. 逆さまつげ手術 ダウンタイム

逆さまつげ手術のダウンタイムは、手術方法や個人差によって異なりますが、一般的には1~2週間程度です。主な症状としては、腫れ、痛み、内出血などが挙げられます。仕事や学校などに行く場合は、スケジュールを調整しておく必要があります。

3. 逆さまつげ手術 費用 保険適用

逆さまつげ手術の費用は、医療機関や手術方法によって異なりますが、一般的には5万円~10万円程度です。ただし、眼瞼内反症が視力障害の原因となっている場合は、健康保険が適用される場合があります。事前に医療機関に確認しておきましょう。

4. 逆さまつげ手術 二重

逆さまつげ手術によって二重まぶたになることはありますが、必ずしも二重になるわけではありません。二重まぶたになりたい場合は、別の美容医療である二重まぶた手術を検討する必要があります。

5. 逆さまつげ抜く

逆さまつげを自分で抜くことは絶対にやめましょう。まつ毛を抜くと、毛根が傷つき、逆さまつげが悪化したり、まつ毛が生えてこなくなったりする可能性があります。

6. 逆さまつげ手術 顔変わる

逆さまつげ手術によって、目元の印象が変わることはあります。しかし、顔全体の印象が大きく変わることは稀です。

7. 逆さまつげ手術 涙袋なくなる

逆さまつげ手術によって、涙袋がなくなることはありません。

8. 逆さまつげ手術 痛い

逆さまつげ手術は、局所麻酔で行われるため、手術中の痛みはほとんどありません。ただし、麻酔が切れた後は、痛みや腫れを感じる場合があります。

9. まとめ

逆さまつげ手術は、適切な医療機関で行えば、安全かつ効果的な治療法です。しかし、失敗やダウンタイム、費用などのリスクも理解した上で、慎重に検討することが大切です。

このブログ記事が、逆さまつげ手術を検討している方にとって、少しでも参考になれば幸いです。


このブログの人気の投稿

表面粗さ記号:徹底解説と図面での使い方(ra rz 使い分け、アメリカ、意味、

選考結果 お待ちください 返信:例文とポイントを徹底解説!好印象を与えるマナーや転職・面接での適切な対応をマスター

年収1000万円凄さ:その実態と到達までの道のり、1,000万、凄い、大したことない、割合、40代、生活レベル、旦那、何人に一人、どんな人、車、何乗ってる、モテる、専業主婦、